宮古島のダイビング!!
宮古島での体験ダイビング・ファンダイビングの魅力とは?!

日本で最も美しい海の一つに、沖縄の宮古島が挙げられています。宮古島は、ダイビング初心者から上級者まで楽しむ事ができるダイビングスポットが沢山あります。ここでは、宮古島でできるダイビングについてお届けします。
ダイビングを初めてされる方は体験ダイビング、ダイビングのライセンスを持っている方はファンダイビングを、宮古島で楽しむ事ができます。体験ダイビングとファンダイビングは同じダイビングですが、ダイビングライセンスの有無で、ダイビングポイントやダイビングで潜る深さなどの範囲が変わってくる為です。では、実際にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

ライセンス無しで楽しむ「体験ダイビング」

代替テキスト

体験ダイビングとは?

「ダイビングって難しそう」と、ダイビング初心者の方であれば少し尻込みしている人も居るかも知れませんが、実際は思っている以上にダイビングは気軽に楽しめるものです。体が健康であれば、特に運動能力や体力を要するものでは無いので、多少の条件は有りますが老若男女問わず誰でも楽しむ事のできるマリンアクティビティです。
ダイビングの世界を気軽に楽しめる第一歩が体験ダイビングです。体験ダイビングであれば、ダイビング前に簡単なダイビングレクチャーを受け、半日あればダイビングができます本格的なダイビング始める前に、お試しとして体験ダイビングにトライしてみるのもオススメです。 

体験ダイビングの良いところとは?

いつでも気軽にダイビングを楽しめる

宮古島のダイビングショップでは、体験ダイビングを行っています。なので、観光で宮古島を訪れた際にも、気軽にダイビングを楽しむ事ができます。特に、夏の時期には体験ダイビングを旅行プランに盛り込んで、海の世界を満喫するのもオススメです。体験ダイビングでは、特にダイビング器材の用意は不要でレンタルできるので、器財の運搬や購入費用の負担も無く経済的に遊ぶ事ができます。

インストラクターの安心のガイド付き

ダイビングに興味はあるけれど、海が苦手だったり潜水に不安があったり、そんな方も少なくありません。体験ダイビングは、基本的にインストラクターと一緒にダイビングしていきます。なので、ダイビング初心者をはじめ、苦手意識や不安のある方でも安心してダイビングを楽しむ事ができます。徐々に沖に行く方法やスポットに向かう方法など、色々とレクチャーしながら体験を進めて行くので、皆で足並みを揃えながら楽しめます。

ダイビングライセンス不要

体験ダイビングは、ダイビングライセンスは不要です。なので、どんな方でもチャレンジできるマリンアクティビティです。潜れる水深範囲には決まりがありますが、一度ダイビングを体験してみたい方やダイビングが自分に合うか確かめたい方にはオススメです。ライセンス不要なので、いつでも即ダイビングデビューできるのも嬉しいポイントです。

お手軽でリーズナブルに楽しめる

体験ダイビングは、ライセンス取得費や器材購入費などが不要です。なので、リーズナブルにダイビングを楽しむ事ができます。また、ダイビングに関して何も知らない方でも、一度、気軽に体験できる体験ダイビングを通して、ダイビングの楽しさや面白さを知るきっかけにもなります。

体験ダイビングのまとめ

ライセンス不要の体験ダイビングは、ダイビング前に呼吸や耳抜きなど基本技術のレッスンを受け、その後体験がスタートします。潜る場所は、初心者でも安全確保でき水深10m前後のスポットに限られています。宮古島では、浅いダイビングポイントでも海が綺麗なので、魚も沢山泳いでいるので充分楽しむ事ができます。常にインストラクターが体験者の近くに居るので、安心してダイビングを満喫できます。観光やダイビングライセンスを持っていない方は、体験ダイビングで宮古島の海を思い切り楽しみましょう。
ライセンス取得者が楽しむ「ファンダイビング」

ファンダイビングとは?

代替テキスト

ファンダイビングは、ダイビングライセンス取得者が体験できるダイビングです。ダイビングライセンサーとして、知識と技術を活かしながらダイビングを楽しむ事ができます。水深可能な深さは最大約40m、オープンウォーターダイバーは18mと、体験ダイビングに比べて海中を潜る事のできる深さが変わります。潜れる水深はレベルや目的で異なるので、無理なくダイビングを満喫する事ができます。ライセンスがあると宮古島の様々なダイビングスポットに行って、思う存分ファンダイビングを楽しむ事ができるのも嬉しいポイントであり魅力です。

ファンダイビングの良いところとは?

代替テキスト

基本レッスンが不要

体験ダイビングでは、必ずダイビングの前に器材操作方法やハンドシグナルなどのレッスンがあります。これは、体験する度に毎回同じ基本レッスンを受けなければなりません。その点、ファンダイビングはダイバーとして認められる為、潜る前の基本レッスンは不要です。また、インストラクターが付かないので自分達で自由に潜る事ができ、思う存分ダイビングを堪能して楽しめます。

ダイビングで潜る事が可能な深さが違う

体験ダイビングでは、約6~12mが潜る限界の深さです。最大水深は12mですが、実際は水深5m前後のダイビングが多く、安全性を確保したダイビング体験となっています。その点、ライセンスがあるファンダイビングでは、約18~40mまで海中を潜る事が可能となっています。初級ライセンスでは、約15~18mの辺りでサンゴ礁、大きな魚の群、ウミウシなど、鮮やかな生き物を鑑賞する事ができます。また、中級や上級ライセンスになると、最長40mまで海中を潜る事が可能で、美しく魚礁と化した沈没船が見られるなど、陸上では決して見る事のできない景色を見られる醍醐味があります。

ファンダイビングのまとめ

ファンダイビングは、ライセンス取得者がダイビングを楽しむアクティビティです。自由度が高いので海中で様々な行動を楽しむ事ができるのが嬉しいポイントです。海の中を深く潜ったり海底探検したり、自由に動き回れる事はファンダイビングの大きな魅力です。また、体験ダイビングより費用を抑える事ができます。ライセンスを持っている方は、是非、ファンダイビングで行きたいスポットを堪能しましょう。

ダイビングのベストシーズンとは?

代替テキスト

宮古島では年中ダイビングできるので、いつでもダイビングが可能ですが、1年の中でもオススメの時期は9月~11月の秋のシーズンです。理由は、秋は天候や海の状態が安定するので、海中の透明度が一段と上がります。また、この時期は有名地形ポイントへも行きやすくなっており、ダイビングを思い切り楽しめます。冬の時期に比べて太陽光が強い秋は、地形の美しさも増すのでダイナミックな地形ポイントを狙うのもオススメです。
宮古島と言えば、豊富な地形ポイントがあるイメージを持っている方は多いと思いますが、その一方で、美しい珊瑚が群生する光景や真っ白な砂地を見る事ができるなど、穏やかな海の表情を楽しめるポイントも沢山あります。このように、宮古島には日本最大級の珊瑚礁帯があり、島を代表するダイビングスポットになっています。海中環境が多彩な宮古島の海では、マクロ系、レア生物、大物と言うように、様々な種類の生物を堪能できる為、ダイバーを飽きさせない海の魅力が詰まっています。